囲碁AI定石に対する1つの疑問

こんにちは!囲碁AIのBSKです。

ツイッターを眺めながら「どうやったら戦闘狂になれるかなー」と考えていたとき、ふと疑問が湧いてきました。

それは、、、

 

人類を完全に超えた囲碁AIが打ち始めたダイレクト三々をプロ・アマ問わず真似して打っていること。

 

しかし、ダイレクト三々は本当に良い作戦なのだろうか?

 

いや、勝つためには良い作戦なんだろうと思う。

ただ、それは勝つことを目的とした囲碁AIが学習した結果の良い作戦であって「楽しさ」「面白さ」などは当然ながら考慮されていない。

確かに「楽しさ」や「面白さ」などは定義が曖昧すぎて数値化するのは難しい。

 

しかし、人間を超える強さを得た今、囲碁AIが目指す先は戦闘狂囲碁AIのような独創的な世界ではないだろうか?

 

著者:BSK

監修:欧米か


囲碁ランキング

ノーセンスでも囲碁九段になれると確信した話 中編

↓ 前編はこちら ↓

www.igo-creative.work

 

  • 囲碁が打ちたい

小学4年生になっても頭の中は囲碁のことでいっぱい。

囲碁楽しい!もっと囲碁やりたい!

そんなある日、学校で体育の授業を受けているときに急に高熱を出し、保健室で看病してもらいながら寝ていました。

しかし、目が覚めると・・・

難病にかかっていました(これは後に大病院で発覚したことです)

それから1年間、外に出ることができず、大好きな囲碁すらもできませんでした。

この囲碁ができなかった1年間で囲碁熱は冷めてしまいます。 

 

  • 第2次囲碁ブーム到来

休日に家族全員でお出かけしていたときです。

(ちなみに僕はこのとき小学5年生。僕の病状は大病院の主治医の先生のおかげで少し良くなっています)

ホームセンターで買い物中に外の植木鉢コーナーを見ていたとき、

ふと上を見上げると・・・?

 

「囲碁」の文字があるではありませんか!!!

 

もちろん行きましたよ。そりゃもう、ブラックホールに吸い込まれるかのように。

その囲碁教室は車で片道1時間半かかる場所でしたが、1年ほど通わせてもらいました。

1年間のブランクを経て、僕にとっての第2次囲碁ブームが到来します。

 

  • 運命の出会い

小学6年生になる頃、僕の棋力は5級くらい。

小学3年生から始めて3年で5級は成長が早いとは言えませんが、囲碁を楽しむことなら誰にも負けてなかったと思います。

そんなとき、母親が他の囲碁教室を探してくれていました。

すぐに見つけた囲碁教室2か所に行ってみましたが、ガチガチの雰囲気だったり、部屋が薄暗かったりで、僕には合わない教室でした。

母親もどうしようか悩んでいて、日本棋院に直接聞いてみるといって電話をかけたのですが、ここで大きく状況が動きます。

電話に出てくれたかたは日本棋院の職員さんなので、日本棋院系列の教室を紹介すると思いますよね。

 

が、しかし!

 

そのかたは関西棋院の棋士がやっている楽しい囲碁教室を知っているといいます。

(日本棋院の職員さんが関西棋院の棋士の教室を紹介するのは、かなり異例です)

この後、この囲碁教室は僕の囲碁人生に多大な影響を与えることになります。

 

前回:ノーセンスでも囲碁九段になれると確信した話 前編

次回:ノーセンスでも囲碁九段になれると確信した話 後編


囲碁ランキング

ノーセンスでも囲碁九段になれると確信した話 前編

どーもこんにちは!

今回は、絶望的な囲碁の感覚を持った僕が囲碁九段(野狐囲碁)になるまでの経緯、そして、これまでやってきたことが間違ってなかったと確信した話をしていきたいと思います!

 

  • 囲碁をどこで知ったか

小学1年生のある日、放課後の学童保育部屋にいたときでした。

同級生が部屋の机の下にあった足つき碁盤と碁石を見つけて楽しそうに引っ張り出してきたのを覚えています。

そのときは先生を含め、誰も囲碁が分かる人はおらず適当に石を並べていただけでした。

  • 囲碁を始めたキッカケ

小学3年生になった僕は、何気なくテレビを眺めていました。

そこには、真剣な表情で囲碁を打つ人たちが映っていたのです。

これを見た僕は目を輝かせながら「これなにー?」と母に聞きました。

母「五目並べじゃない?」

 

囲碁って五目並べだったのか!!!

 

でも世間的な認識は囲碁=五目並べだったりオセロだったりするからね・・・

わかるよ・・・わかる・・・わかる・・・(号泣)

 

母「でも、おじいちゃんが碁盤に石並べてたから分かるかも? 電話してみよう!」

prrrrr(発信中)

ぼく「おじいちゃん囲碁おしえて!!!!!」

おじいちゃん「お前にはまだ早い」

そんなこんなで吉原(旧姓:梅沢)由香里先生の囲碁入門書を買ってもらって、独学で始めました(号泣)

ゆかり先生のやさしい囲碁入門―一日ですぐにおぼえられるよ!

ゆかり先生のやさしい囲碁入門―一日ですぐにおぼえられるよ!

 

この本はボロボロになるまで読みました(もう手元に無いのが惜しい)

  • 入門レベルを卒業するまで

入門書でルールを覚えた頃、市内でプロの先生が囲碁入門教室をやってるというのを知り、通い始めることに。

カンタンな問題を解いたり実際に囲碁を打ったりしましたが、1か月も経たないうちに入門レベルではないと言われ、卒業することになりました。

しかし、卒業した途端、囲碁ができる場所は無くなってしまいます。

  • 2桁級卒業目前まで

僕は囲碁やりたい。でも、囲碁ができる場所が無い。

この状況に母親も困っていたようで、考えに考えた結果、、、

 

なんと我が家にゲームキューブとヒカルの碁3がやってきました!!!!!

 

そりゃもう、めちゃめちゃ嬉しかったです。

僕の囲碁に対する熱意が本物だと思ってくれたのだと思います。

ヒカルの碁3をクリアするまでの2週間、周りが見えなくなるほど熱中しました。

 

「囲碁ってこんなに楽しいんだ!」

そう思わせてくれた最高の囲碁教材です。

 

次回:ノーセンスでも囲碁九段になれると確信した話 中編


囲碁ランキング

囲碁アプリ「詰碁の森」開発秘話

どーもこんにちは!

今回は、僕が作った囲碁アプリ「詰碁の森」の開発の裏話などをしていきたいと思います!

 

  • いつからアプリ開発を始めましたか?

2016年7月のある日、知り合いに「囲碁のアプリ作ってよ」と軽いノリで言われ、開発経験ゼロにも関わらず、なぜか根拠の無い自信を持ち「わかった!面白そうだしつくる!」と軽いノリでJavaプログラミングの勉強をスタートしました。

今思えば、よくそれだけで始めたなと思います(笑)

  • 詰碁の森の開発費や開発期間はどのくらいかかりましたか?

詰碁の森は開発費がほとんどかかっていません。

かかった費用はプログラミング学習に使った書籍やオンラインサービスくらいですね。

開発期間は、プログラミングの勉強を始めてからストアへのリリースまで11か月でした。

ただ、バイトしながら平日は8時間、休日に至っては10時間もの時間を開発に費やしていたので、濃度が高い11か月だったのではないかなと思っています。

  • 詰碁の森は結構ダウンロードされてるようですが、どんな工夫をしましたか?

まずは毎日詰碁ですね。ログインボーナスのような感覚で毎日継続してアプリを起動してもらうのが狙いでした。

次に、ASO(検索表示順位を上げる施策)を頑張ったのが効果絶大

アプリストアの検索表示順位が上がったことでアプリを見てもらえる機会が増え、次第にDL数が増えていきました。

そして、最も効果あったのが入門詰碁の追加

入門詰碁には、ただ石を取るだけの問題を30問入れてみましたが、これが囲碁初心者にかなりウケたようです。

囲碁に限らず、強くなるにつれて始めたの頃の感覚を忘れてしまいがちですが、初心に戻る大切さを痛感しました。

  • 詰碁の森の今後の展望を聞かせてください

詰碁の森は、今後のアップデートにて問題追加、検討機能追加などを予定しています。

詰碁の森とのコラボ企画なんかもできるといいなーと考えてます(そういうお話いただけると嬉しいです!)

play.google.com

apps.apple.com

 

以上!


アプリ開発ランキング


囲碁ランキング

Google DeepMind社が公開したOpenSpielって何?

  • OpenSpielとは?

OpenSpiel is a collection of environments and algorithms for research in general reinforcement learning and search/planning in games.

OpenSpiel公式GitHubより引用

ゲームの強化学習に利用可能なアルゴリズムをまとめて公開したよ、といったところでしょうか。

github.com

  • どんなゲームのアルゴリズムがあるの?

このプロジェクトを公開したのは、AlphaGo / AlphaZeroで世界中に大きな衝撃を与えたデミス・ハサビス氏がCEOを務めるGoogle DeepMind社です。

囲碁、チェス、バックギャモン、ポーカーなど、主にボードゲームのアルゴリズムが数十種類含まれています。

  • これ使えばAlpha(Go)Zero作れるじゃん!

残念ながら、現時点(2019/09/13現在)で強化学習用プログラムは公開されておらず、アルゴリズムのみとなっています。

※「強化学習用プログラムは無いから誰か作ってプルリクエスト送ってね」と公式GitHubに明記されてる。

僕もそう思ってウッキウキでOpenSpiel環境を構築したのは秘密

  • アルゴリズムだけでどうすりゃいいってんだ!

DeepMindのアルゴリズムはとてもシンプルで分かりやすいです。

ソースコードを読んでアルゴリズムの勉強をするもよし。

手元に強化学習プログラムがあるなら、そこにOpenSpielのアルゴリズムを取り入れることで飛躍的に実行速度が上がるのではないでしょうか。

 

OpenSpielはアルゴリズムの宝庫です。

とても勉強になるので、ぜひとも多くの人に活用していってもらいたいですね!


人工知能・AIランキング